FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日アマ名人戦岡山県予選 ~K山~

どうもK山です
今回は朝日アマ名人戦の予選に参加しました
初出場の2年前は2連敗という結果に終わった大会なので、今年は借りを返そうと臨んだ大会でした
では、その一日を振り返っていきましょう

0回戦
朝7時半、私はお布団選手との死闘を繰り広げていた
お布団選手は夏から冬にかけて棋力を三段くらい上げてくるまさに冬将軍
しかし私の粘りが功を奏してお布団選手を破り起床
会場に向かいました

朝9時半頃に会場につくと、そこには私以外の理大生はいませんでした(´・ω・`)
悲しいですねぇ、部会で告知したのに、、
倉敷開催ということもあり、その遠さが部員のやる気を失わせた要因と思われます
(会場が遠いとかは大会に出ない理由にならないんだよ!!!!! by Quin先輩)
今大会に出場した現役大学生は私のほかに、岡大将棋部の山田弟とS神さんがいました
現役大学生が3人(全員倉敷出身)、これが中四終わりの将棋部員のやる気なのでしょうか・・・
OBの方々のほうが遥かに多かったです(勿論Quin先輩を含む)
そして山田弟と談笑の後、大会が始まりました
今大会は予選2回のうち1勝すれば本選進出です

※以後掲載する盤面図の対局者の名前を記入するのを忘れていました、ご勘弁ください
一回戦
片山立藤1
一回戦はT藤君との対局
戦型は私の横歩取り拒否ひねり飛車です
上の局面では私が作戦勝ちに成功し、今後の方針を考えていたところです
ここで私は6八金と引き締めましたが、これは少し疑問でした
どうせ自陣に手を加えるなら3九玉の方が価値が高かったと思います(6五歩といくのもあり)
本譜は▲6八金△3一玉▲6五歩と進みましたが、方針がバラバラです
どうせなら3九玉入れてから攻めた方がよかったです
片山立藤2
激しく攻め合い上図
ここでは2三角成が成立していました
以下▲同玉△2四歩▲同玉△2二金でよかったと思います
私は2四同玉で3二玉とかわされダメかと思っていましたが2二金打ちが成立していたことを見落としていました
本譜はここで▲2一金(大ポカ)△同玉(大ポカ)▲2三角成と進みました
片山立藤3
最終盤の局面
ここで△2二歩▲2四歩△同玉▲2二飛成△2三金で攻めが切れて以下投了となりました
2二歩と受けられた局面では8一とで一手勝っていたと思います
終盤のもろさが露呈し、初戦黒星発進となりました

2回戦
朝日アマ
岡山市のY下さんとの対局
まさかまさかの2局連続ひねり飛車に
山田弟から「やべぇなこいつ」的な視線を浴びながら指し進めて上図
一応少し先手の指しやすい形ではあるのですが(bonanza解析で+100~150位)
ここに至るまでに何度も8六飛と回る機会がありながら全て見落とす私は弱い
以後互いの銀を交換する展開になりました
朝日アマ2
銀交換の後、敵の手厚い攻めに手をこまねいて上図
ここでは6五銀が有力だったと思います
敵の角を攻めつつ、相手の狙いである
△5六歩▲同歩△同銀▲5七歩△6七銀成▲同金△同歩成▲同飛△6六歩▲6九飛△7七金を防ぐことができる攻防手です
だがそんな狙いに全く気付いていない呑気な私は4七歩と傷を消しました
すると傷どころではない大けがを負ってしまい惨敗

結果報告   予選             本選
Quiin先輩  初戦勝利で通過        1回戦:勝利 2回戦:善戦するが惜しくも負け
山田弟    一勝一敗で通過       残念ながら敗退
S神さん    一勝一敗で通過      残念ながら敗退
K山      二連敗で予選敗退

どうもこうもこのザマよ
酷い成績です、2局とも模様のよい将棋を落としただけに悔しいです
山田弟からは「戦法が悪いんじゃないかwwwww?」と言われましたがそんなことはないです!
ひねり飛車が弱いんじゃない、私が弱いんです(´・ω・`)
次こそは結果を残すべく研究します(ひねり飛車を)
最近敗戦譜ばかり載せて鬱になりそうなのでここら辺で失礼します

P.S おしゃべりで騒がしい私にお付き合いくださいました山田弟・S神さん、ありがとうございました
スポンサーサイト

中四敗戦譜プレイバック Final ~K山~

どうもK山です
ついにこの自戦記シリーズも最後となりました
それでは最後の恥をさらしていきましょう
片山山本1

最後の敗戦譜のお相手は高知工科大学のY本(龍)さんとの対局
この対局は個人戦本選リーグ1回戦で勝てばベスト16入りに大きく近づく大事な1局です
今回のお相手のY本さんは、団体戦においてB級1組優勝を果たしA級昇級を果たした高知工科大学の主力の1人であり
他大学の部員の情報をあまり知らない私でさえその名を知っている強豪です
そんな強敵に挑むべく採用した戦法が上の局面
居飛車穴熊と四間飛車穴熊の相穴熊になりました
上図の1六歩は居飛車の税金を先に払って、将来的に3六歩~3七桂の活用をする際に端角を防ぐために指しましたが
△5二飛と回られ、うかつに飛車の小瓶を開けづらくなったので、1六歩は時期早々だったかと思います
ここでは2六飛と上がり、3六飛~4六歩と動いた方がよかったと思います
後の進行でこの一手が働かず少し不満の残る展開でした
片山山本2
△5二飛▲2六飛△7四歩▲8六歩△7一金▲8七銀と進んで上図
5筋の歩をこちらの陣形が少し乱れているときに交換され、相手にポイントを稼がれました
しかし交換した歩を使ってまでも私はビック4を組みたかったのです
個人戦だから誰にも文句は言わないだろうと、私のやりたい事をやった結果指しにくくなりました
ですがそんな形勢はつゆ知らず、ビック4を組んで満足した私は大駒交換だけを狙って指し進めていきます(単純)
片山山本3
駒の清算を狙って上図
この場面では9六歩を入れてから指してもよかったかもしれません
ですが攻めっ気たっぷりの私は意気揚々と交換を挑んでいきます
その結果私は角二枚、お相手が飛車二枚を持ち合う攻め合いとなりました
このあたりの局面をbonanzaで解析するとほとんど互角で均衡が保たれていました
片山山本4
互いに成駒を作りあって上図
ここで本譜は1七龍と桂馬をとってきましたが、その瞬間に5四馬と引いて
△7三銀▲6四桂△同銀▲同馬△6二香▲5四馬と進み、駒得に成功しました
この局面では、△5三歩とされてまだ均衡は保っていたと思います
相手の龍がそっぽを向いている隙にポイントを稼げたのはよかったかなと思っていました
片山山本5
少しばかり進んで上図
ここでは9六歩が有力でした
後の9五桂からの攻めを事前に受け、次の7二馬~6一銀を見せています
相手は6三歩や4六歩から将来の2七角を用意するなど受けに回る必要があるのでこちらが指しやすいです
しかし本譜は攻めっ気がたたり一気に7二馬~7二金打まで指しました
その結果手痛いカウンターを食らうことになります
片山山本6
激痛のカウンターを食らって上図
この9五桂打によって、ビック4崩壊が始まります
馬を切った局面ではまだ9六歩がありました
9五桂の筋が消えると相手も角などを使って攻めるしかなく、互角の展開には持ち込めたかと思います
本譜は一段目の二枚龍が恐ろしい力を発揮して、はっきり先手不利となりました
本譜は7九香と打ちましたが、5五馬から反撃を狙う手もあったかと思います
片山山本7
ここで7一金としたのが本局の敗着となりました
ここでは8二金が正しく、同玉は7二銀打として逆転の見込みすら出てきます
同金が正しい対応で、以下7一銀から激しく迫る変化があります
正確に受けられるとダメですが、互いに一分将棋だったので可能性はあったと思います
以下△同銀▲6一桂△7九角成▲同金△同龍▲となり投了やむなしとなりました

本局を振り返ると、序盤相手にリードを許したものの中盤駒得するなど善戦していましたが、
無謀な攻めをしてしまい一気に負けてしまいました
自玉の安全を把握できておらず攻めに出てしまったのは今後の課題です

今回の秋中四の成績は
団体戦; 2勝2敗
個人戦; 予選リーグ; 2勝 本選リーグ; 一回戦敗退となりました
これで中四の記事は以上となります
A級残留できたことはよかったですが、自分自身もチームとしても課題の多く残る大会となりました
来年の岡山春中四に向けて、部員一丸となって棋力向上に励む必要があると感じました

P.S ほかの部員の自戦記も見たいな~(/ω・\)チラッ

中四敗戦譜プレイバック Part2 ~K山~

どうもK山です
前回に引き続き、私の敗戦譜をご紹介していこうと思います
片山紙田1
愛媛大学のK田さんとの対局
K田さんとは今年の広島春中四の個人戦で対戦しましたが、ゴキゲン中飛車に負けてしまったので
リベンジを誓った挑んだ一戦です
この時点でチームは1勝2敗だったため愛媛大学戦を落とすと降級に近づくだけに落とせない対局でした
戦型はゴキゲン中飛車の出だしから相手から角交換があり上の局面
同玉から穴熊を目指すのも有力ですが、相手の出方によって位取りや銀冠を目指そうと同銀と取りました
以下相手の一手損で駒組みが進んでいきます
片山紙田2
駒組みが進んで上の局面
ここで私が2二歩と踏み込んでいきました
読み筋としては△3三桂▲2一角打からの激しい変化を予想していましたが同金と対応されましたので
▲4二角打△4一飛▲1五角成と進みました
この場面では先手が一歩損ですが馬を作れたので多少指しやすいと思っていました(bonanza解析で+120程度)
片山紙田3
互いに馬と飛車の活用を求めて上の局面
完全に定跡から外れ力戦となりました
ここで6八金と自陣を引き締めましたが、この構造はあまりよくなかったかもしれません

6八金の局面では▲7四歩△同歩▲同馬と7筋の歩を交換した後、矢倉に組み替える方がよかったと思います
本局は片矢倉に構えて応戦しましたが玉の安定度が今一つでした
片山紙田4片山紙田5
互いに玉形が決まり上の局面
左の局面で、当初▲3五歩△同銀▲4五歩△2五歩の変化を考えていましたが激しい交換になると玉形の差が出てしまうので
3七銀と上がり2筋を手厚くし、模様良しと思っていました(bonanza解析で+120~130位)
しかし右の局面の3七桂が悪手だったようです
銀の引き場所がなくなり2五歩と動かれてしまいました(bonanza解析でー200~250位)
ここでは4七馬と引いて腰を据えて指せば馬ができている分指しやすかったと思います
ここから駒が激しく入り乱れ玉形の薄さが響いてきます
片山紙田6
攻め合いになり上の局面
この前に▲4四馬△2九飛▲7九歩と指しましたが、これもよくなかったです
4四馬の時に、6五歩として銀の態度を決めつつ片矢倉の上部を補強する必要がありました
しかし本局は上部に手を付けなかったために手痛い桂馬を食らってしまい劣勢となっていきました
片山紙田7
自陣に馬を引き付けて、継ぎ桂を狙ったりなどの攻防があり上の局面
この7五桂が決め手でした
この場面で私は5七馬でしのげると思っていましたが、▲5七馬△6七金▲同金△同桂成▲同玉に5八銀を見落としていました
仕方なく6七同馬と対応しましたが、以下は光速で寄せられてしまいました
桂馬を打たれる前に打った2二飛が本局の敗着となりました
ここでは8八玉と自陣を引き締めた方が粘りの効く局面になったかと思います

今回はチームも1勝6敗と完敗でした
本局を振り返ると、早々に馬をつくり模様のよい局面でしたが中盤の駒組みが悪く、相手の鋭い攻めを食らってしまいました
これでK田さんに2連敗となり悔しさが募るばかりです
今回は自分の大局観が悪かったのが敗因の1つなので、棋譜並べや感想戦をより一層行い大局観を養いたいと思います

中四敗戦譜プレイバック Part1 ~K山~

どうもK山です
11月21,22,23日に徳島で秋中四が行われました
今回我が岡山理科大学はA級内において降級候補筆頭であり厳しい戦いを強いられましたが
なんとか総合4位(徳島大学さんと同率で4位)でA級残留することができました
全体のまとめは優秀な後輩が書いてくれると思うので、今回の大会での私の敗戦譜をご紹介したいと思います
片山瀬戸川1
まずは広島大学のS戸川さんとの対局
この対局は団体5局目で、チームが勝てばA級残留、負ければほぼ降級に等しいという大事な一局でした
対戦相手のS戸川さんが有名な方だとは対局後に知りました(女子の全国大会で活躍したとか)
そんなことはつゆ知らず「かわいい女子と対局だ~」と能天気に対局に挑みました
戦型は一手損角換わり早繰り銀で、上の局面
相手が定跡を外して飛車先を交換してきたので角をセットしました
ここでは3五歩を一本入れてからでもよかったかと思います
ここから私が模様良く(bonanza解析で+250~400位)駒組みを進めていきました
片山瀬戸川2
駒組みが進んで上の局面
ここでは5五歩~5六角の進行も有力だったと思います
しかしここでは3五歩と仕掛けていける局面だったのでここでは少し自信をもって指し進めていました
片山瀬戸川
早繰り銀が成功したかと思ったところで上の局面
いやぁ~ 動揺しました
やっちまったかと思いましたが、冷静に見れば駒損はしない(二枚換え)ので3二と金と踏み込んでいきました
しかしここでは2七同飛が正しい対応でした
4五角と打たれても1八角がぴったりでした(△2七角成▲同角は銀あたり、△2三角は同飛車成から6三角成など)
ここを見落としてしまい劣勢(bonanza解析で-200~400位)となり苦しい展開を迎えます
片山瀬戸川3
互いに駒を清算して上の局面
ここでの4三金打がかなりの悪手でした
本譜の6二玉や仮に5二銀打などでも攻めが重たく指しにくいです
ここでは2四角や3四歩などが有力だったと思います
これから形成はどんどん悪化(bonanza解析で-600~750)していきます
片山瀬戸川4
苦しい展開が続き上の局面
ここで5二金~1一馬としたのが本局の敗着となりました
次の相手の一手で一気に敗勢までもっていかれます
片山瀬戸川5
上の局面の飛車打ちでゲームセットです
詰めろ金取りを食らってしまい修復不可能です
ここから少しばかり悪あがきをしましたが相手の冷静かつ正確な寄せで完敗でした

一局を振り返れば私のミスが余りにもひどかったです
しかし、2七歩からの構想や中盤以降の差し回しなど相手の素晴らしさが随所に見られ、相手の実力の高さを身をもって
感じたとともに、自分の未熟さを悔いるものとなりました
チーム自体は六勝一敗で勝利しA級残留が決定し、仲間たちには頭が上がりませんでした
A級で来年も指せる機会を頂けたので、来年に向けて身を引き締めるとともに、もう一度対局する機会があれば
リベンジしたいです

アマ名人戦倉敷予選 ~K山~

どうもK山です
岡山市に住んでいる皆さんとは1か月早くアマ名人戦予選に参加してきました
今回はその自戦記でも書いていこうと思います

1回戦
相手の角交換四間飛車に早繰り銀で対抗しました
途中私が王手飛車の筋を見逃し敗勢に陥りましたが、くそ粘りを続けていると相手が間違えてくれて勝ち
なんとか勝利を手にしました

ここで、会場にぶっちょさんが!
約1年ぶりにここで見るとは思いませんでした、変わってないですね~

2回戦
相手は坂田流向かい飛車を見せてきて、それを無視したら無理やり矢倉になりました
途中の私の構想(攻めを受け流す)が失敗に終わり(攻め貫通)負け
ややこしい将棋でした

3回戦
相手の石田流に天守閣美濃で対抗(何となくやりたくなった)
中盤に差し掛かり膠着状態に陥る局面で攻めたい願望が爆発し、
無理攻め→無理をとがめられる→劣勢に→敗勢に→負けといった感じであっさり負けてしました
本選出場するには負けられなくなりました

4回戦
私の中飛車穴熊にご相手は居飛車穴熊で対抗してきました
難しい将棋だった、難解な終盤だった、それ故に相手が終盤にミスをして勝ち
望みをつなぎました

5戦目
最終局は相手の中飛車穴熊に居飛車穴熊で対抗(4局目と先後逆な感じ)
中盤に私の構想が決まり優勢になりそのまま勝ち

結果としては3-2で本選出場を決めました
しかし20人上に上がれる状況で16/20位はふがいない成績ですね
本選までには棋力をあげて挑みたいものです
ほかの部員も予選突破してくれることを祈ってます

P.S 去年(4敗1不戦勝)の雪辱を果たした!
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。