スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年最後の部内リーグ ~K山~

どうもK山です
10月くらいから後輩たちに「ブログ書いてよ!!」とお願いしてるものの書いてくれませんねぇ(´・_・`)
次期老害の私の言うことなんて聞いてくれないんでしょうか?(´Д⊂グスン
まあ愚痴はさておき、現在うちの部では年内最後の部内リーグを開催しています(消化率が悪いので来年までやる)
今回はその中から一局ご紹介したいと思います

片山鶴長1片山鶴長2
2回生のT長君との対局
彼は矢倉や角換わりなど居飛車中心のオールラウンダーです
部内屈指のキレイ系の将棋を指し、変態たち(教祖&右四狂)が幅を利かせる我が部では貴重な存在です
左図では彼が右四間を匂わせてきた形、私の形を見て攻めの陣形を決める狙いですかね
右四間は変態の始まりです! 私が彼の棋風を叩き直してあげましょう!!
左図で私の狙いが明らかになりました(第一段階)
T長君がファ!?的なリアクションをしましたが気にしない気にしない
ここから▲7七銀△6二玉!▲2五歩△3三角▲5八金と進みました
片山鶴長3片山鶴長4
左図で私の狙いその2が現れました
この瞬間この玉上がりを咎められないのがこの戦法のミソですね
T長君も仕方ないといった顔で指し進めて右図
ここで私の狙いその3が現れました
穴熊に潜った瞬間T長君が鬼の形相でこちらを睨んでいた気がしますが気のせいですね(自己暗示)
ここから先手は6筋から盛り上がって袖飛車の攻めの防ぎつつ穴熊の玉頭に攻め駒を集めてきました
ここで私は穴熊を完成させて4筋に飛車を振り替えて攻めを続けます
片山鶴長5片山鶴長6
左図では4筋の歩を交換でき作戦勝ちに成功しました
ここで▲4六歩△4二飛と指しましたが、ここでは3五飛も有力だったと思います
進行としては▲5五歩△4七歩▲5八金△6四歩▲4七金△5五歩などが考えられます
左図ではまだ後手が指しやすいと思います
しかしここで2五飛が軽率な一手、攻め急ぎすぎですね
そもそもこの前に3三桂と跳ねずに6二金寄~7二金寄と自陣の整備を優先すべきだったと思います
左図では3五飛と一時停車してもよかったかと思います
しかし部室での私は攻めっ気120%なので棋風を貫き攻めを敢行します
片山鶴長7片山鶴長8
混戦となり左図
ここで6一龍とされたら大変でした
△7五角▲7二龍△7一香▲6二龍などの進行が一例で難しい終盤戦になります
本譜は7四銀としたので5一歩と自玉を固めて安心です
右図で先手投了となりました
7九角が防ぎ辛く7九金と埋めても攻め駒を足していけるので投了やむなしと思われます

一局を振り返ってみると、序盤私の作戦が功を奏して作戦勝ちになるも攻めっ気がたたり混戦となりました
最後は相手の判断ミスもあり勝利を収めることが出来ましたが、良くも悪くも穴熊らしい勝ち方と言えます
T長君はこれで変態戦法に対する嫌悪感が強まったと思うので、これから美しい将棋を指してくれることに期待します
リーグ戦はまだまだ残っています、年が明けて消化率も上がってくれたら嬉しいです

P.S 今回私が採用した戦法は「森安流棒玉穴熊」です
   相手に穴熊を組ませずに自分だけ穴熊を組もうという実践的な戦法です
   是非お試しあれ!
スポンサーサイト

部内リーグ K山

どうも元部長のK山です
役員交代を済ませ2年ぶりに一般部員となり肩の荷が下りた感じです
最近うちの部では来るべき秋中四に向けてリーグ戦が行われています
今回はその中から一局振り返ってみます
片山大倉
4回生O倉先輩との一局
私とO倉先輩は私が入部してから3年間でまともに指したことは一度もなく(おふざけなら20局以上対局はしている)実質初手合いでした
局面はよくある雁木右玉ですね(対三間飛車では珍しい)
うちの部では角換わり腰掛銀よりも出現率が高いのではないかというレベルで出てくる戦法ですね
現局面をbonanzaで解析すると先手は6五歩、後手は6四歩を早くつけとお叱りをくらいました・・・
しかし私が3五歩と攻め立て、次の局面
片山大倉2
7五歩では3八飛と守るのが本筋ですが突っ張られたので果敢に攻めていきます
一応bonanza先生もここは攻めて問題ないとお褒め?の言葉を頂きました
片山大倉3
駒交換の後3三角と上がった場面
7七桂と味よく守られたら飛車先を止めただけの悪手となってしまいますが8八角と対応してもらったので4五歩と馬鹿みたいに攻めていきます(因みにbonanza先生には1二飛から端攻めを狙った方がいいとの指摘)
片山大倉4
交換して4六歩と垂らした局面
ここでは5五銀とがっちり受けられてあまり戦火が上がらなかったですね
4四歩と合わせて盤上の金を使っていく方が有力でした
しかし4四歩~4七歩と対応されてので攻めが貫通し勝つことができました
一局を振り返って互いに修正点の多く残る結果となりました
秋中四までには細かなミスを減らしていきたいと思います

P,S 実は私が局面を載せたのは初めて(載せられたことはある)

途中経過

H25前 進行状況①

メンドイんで一枚に纏めました。(表をクリックすれば全部映ると思います)

『経験値優先するっ!!』 と若葉リーグから移ってきたH本・N辻は苦戦中。 
もれなく上位者しか居ない中、一勝を挙げれるか? 

①リーグではTが善戦しているようです。
A級戦犯のA沼先生相手に終始、相当の勝負をしていたと観戦者たちの感想が。 ヤルねぇ。

O田は週末に学生囲碁大会があるのでそのノリで囲碁をやっていますが、来週は指してくれるでしょう?



②リーグでは… 嗚呼…
負けちまいましたよ、コンチクショウ。

やりますねぇ… 
聞けば『角交換してきたら筋違い角、しなければ右四で…』

右玉、組ます気ゼロですか(怒)
いや、無理して組みに行きましたけどね(笑) そして手順尽くせずこの結果…


エースも最近囲碁ノリですが、学名あるし来週は本気のエースが見れると信じてます。
つか絶対に一局教えてもらうb それでラーメン屋の件はチャラにしとくよ(笑)


若葉リーグではH田がトップ。
3連勝するも、今日フラ~っと立ち寄ったI田が勝ち、進撃がストップ。
しかしサファリゾーンのカイロス並みに出現率の低い彼と指せたことが既にポイントか?

他、注目株は中四の若葉戦準優勝のT山か?



そしてリーグの順位の決め方ですが、同率の場合スイス式で決めようと思います。

まぁ、まだ全然そんな段階でもないんですけどねw

願わくば9割以上の消化率であることを…


~Quin~

部内リーグ表

早速作ってみました

H25 クラス分けリーグ戦


いや; 多いよ(驚)



期間中であれば飛び込み参加できるよう枠も空けときました

しかし多いなぁ…


H25 若葉リーグ①

…横線忘れてました

しかし部員、増えたなぁ…




ちなみに①と②のリーグは前回A級の一位と四位、二位と三位をまず振り分けて~…

後はコイントスと言うのはナイショです。


一回鬼畜なほど偏った気がしたので振り直したのもナイショです(笑)


若葉リーグは前回C級から。
前回のリーグ表が見当たらなかったので今期、姿を見かけた部員を入れました。


残り一回生はこちらの判断(普段、駒落ちが必要な手合いかどうか)で割り振りました。


20日~31日の間に、出来るだけ消化お願いします



~Quin~

H.25 部内リーグ戦

皐月祭も終わったことですし、さっさかやってしまいましょう!!
一回生も入ったし、昨年度をならい、最初は再編成のためのリーグ戦を行いましょう


しかしどうしたものか。

さすがに初心者と有段者当ててもキツすぎるだろうし
そもそも「リーグから抜ける卒業生数」<「新入部員数」ですし。


初心者リーグを作るか、棋力に応じて駒落にするか… 前者かな?


…本気でクラス分けするなら総当りが一番手っ取り早いんだけどもさすがに(笑)


というわけで

二回生以降は
・クラス分けリーグ①・②は昨年度A級とB級から
・初心者リーグは昨年度C級から

新入部員は棋力に応じて振り分ける… ってことでいいでしょうか? いいですよね?


期間は来週月曜~翌週の金曜くらいまで、その結果からA・B・C級を編成したいと思います。

二回生以上はもちろん、一回生の本気を見せてもらいましょう!!
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。