スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中四敗戦譜プレイバック Final ~K山~

どうもK山です
ついにこの自戦記シリーズも最後となりました
それでは最後の恥をさらしていきましょう
片山山本1

最後の敗戦譜のお相手は高知工科大学のY本(龍)さんとの対局
この対局は個人戦本選リーグ1回戦で勝てばベスト16入りに大きく近づく大事な1局です
今回のお相手のY本さんは、団体戦においてB級1組優勝を果たしA級昇級を果たした高知工科大学の主力の1人であり
他大学の部員の情報をあまり知らない私でさえその名を知っている強豪です
そんな強敵に挑むべく採用した戦法が上の局面
居飛車穴熊と四間飛車穴熊の相穴熊になりました
上図の1六歩は居飛車の税金を先に払って、将来的に3六歩~3七桂の活用をする際に端角を防ぐために指しましたが
△5二飛と回られ、うかつに飛車の小瓶を開けづらくなったので、1六歩は時期早々だったかと思います
ここでは2六飛と上がり、3六飛~4六歩と動いた方がよかったと思います
後の進行でこの一手が働かず少し不満の残る展開でした
片山山本2
△5二飛▲2六飛△7四歩▲8六歩△7一金▲8七銀と進んで上図
5筋の歩をこちらの陣形が少し乱れているときに交換され、相手にポイントを稼がれました
しかし交換した歩を使ってまでも私はビック4を組みたかったのです
個人戦だから誰にも文句は言わないだろうと、私のやりたい事をやった結果指しにくくなりました
ですがそんな形勢はつゆ知らず、ビック4を組んで満足した私は大駒交換だけを狙って指し進めていきます(単純)
片山山本3
駒の清算を狙って上図
この場面では9六歩を入れてから指してもよかったかもしれません
ですが攻めっ気たっぷりの私は意気揚々と交換を挑んでいきます
その結果私は角二枚、お相手が飛車二枚を持ち合う攻め合いとなりました
このあたりの局面をbonanzaで解析するとほとんど互角で均衡が保たれていました
片山山本4
互いに成駒を作りあって上図
ここで本譜は1七龍と桂馬をとってきましたが、その瞬間に5四馬と引いて
△7三銀▲6四桂△同銀▲同馬△6二香▲5四馬と進み、駒得に成功しました
この局面では、△5三歩とされてまだ均衡は保っていたと思います
相手の龍がそっぽを向いている隙にポイントを稼げたのはよかったかなと思っていました
片山山本5
少しばかり進んで上図
ここでは9六歩が有力でした
後の9五桂からの攻めを事前に受け、次の7二馬~6一銀を見せています
相手は6三歩や4六歩から将来の2七角を用意するなど受けに回る必要があるのでこちらが指しやすいです
しかし本譜は攻めっ気がたたり一気に7二馬~7二金打まで指しました
その結果手痛いカウンターを食らうことになります
片山山本6
激痛のカウンターを食らって上図
この9五桂打によって、ビック4崩壊が始まります
馬を切った局面ではまだ9六歩がありました
9五桂の筋が消えると相手も角などを使って攻めるしかなく、互角の展開には持ち込めたかと思います
本譜は一段目の二枚龍が恐ろしい力を発揮して、はっきり先手不利となりました
本譜は7九香と打ちましたが、5五馬から反撃を狙う手もあったかと思います
片山山本7
ここで7一金としたのが本局の敗着となりました
ここでは8二金が正しく、同玉は7二銀打として逆転の見込みすら出てきます
同金が正しい対応で、以下7一銀から激しく迫る変化があります
正確に受けられるとダメですが、互いに一分将棋だったので可能性はあったと思います
以下△同銀▲6一桂△7九角成▲同金△同龍▲となり投了やむなしとなりました

本局を振り返ると、序盤相手にリードを許したものの中盤駒得するなど善戦していましたが、
無謀な攻めをしてしまい一気に負けてしまいました
自玉の安全を把握できておらず攻めに出てしまったのは今後の課題です

今回の秋中四の成績は
団体戦; 2勝2敗
個人戦; 予選リーグ; 2勝 本選リーグ; 一回戦敗退となりました
これで中四の記事は以上となります
A級残留できたことはよかったですが、自分自身もチームとしても課題の多く残る大会となりました
来年の岡山春中四に向けて、部員一丸となって棋力向上に励む必要があると感じました

P.S ほかの部員の自戦記も見たいな~(/ω・\)チラッ
スポンサーサイト
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。