FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B級1組最終局 ~鬼の住処~

13人総当りの、順位戦で対局数が一番多いこのクラス。
ほとんどがA級経験者の通称『鬼の住処。』


最終局の余りは鈴木八段。 しかも他力で堕ちる状況(苦)
しかし、あの鈴木八段がここまで追い込まれるとは… やっぱり恐ろしいクラスですよね



久保利明九段 ‐ 行方尚史八段

先手番ってことで石田流 or 先手中飛車かと思っていました。 そう思ったの、俺だけじゃないですよね?(笑)

実際は角道を止め、端を突き越し! 来ました!! 藤井システムです~!!
久しぶりに『熊vs藤シス』見られると思うと感動です。 …行方八段、急戦しないで(祈)



山崎隆之七段 ‐ 畠山 鎮七段

定跡と研究有っての現代将棋界の中で、さらに『+個性』が見える将棋を指す山崎七段。

残念ながら本譜は横歩でしたー個性とかは出にくいですねー、と書いてる27手目… 見たことない形ですねww
いつも思うんですけど、思いつきなんでしょうか、事前に研究してるんでしょうか? 謎です


木村一基八段 ‐ 広瀬章人七段

昼前の現在、矢倉の▲3五歩早仕掛けから数手進んだところ。
何年前か、本格的な将棋に憧れて矢倉勉強してましたが… もうスッカラカン。
それでも見てる分には矢倉は楽しいものですよね。



飯塚祐紀七段 ‐ 松尾 歩七段

ここも横歩の▲8四飛。 同じ27手目までですが、こっちは普通の形です(笑)
負けると他力で堕ちる飯塚七段としては落とせない対局です。



丸山忠久九段 ‐ 井上慶太九段

この対局の結果に全て掛かっている井上九段、戦形は角換りの相腰掛け銀。
…自分なら相手が腰掛けたら右玉に逃げるんだろうな~といつも思います。




中田宏樹八段 ‐ 阿久津主税七段

すでに降級が決まっている中田八段と、順位の関係で降級には関係のない阿久津七段。
戦形は矢倉、阿久津流急戦。 

いいですねぇ… 個人的に好きなんですよね、この戦法。(見るだけは)
いつか気が振れて矢倉指すようになった時の参考に指せてもらいます(?)




さて、今日の対局はどれだけ長引くか?

また6時前まで指されたらそれはそれで困りますが(疲) 内容の濃い対局が多くなればいいなと思います。

~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。