スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦、決着

最終局、三浦弘行八段が投了し、棋士側から見て ○●●△● の1勝3敗1分と差の付いた結果となりました。

三浦八段は大将ということで最強の将棋ソフトであるGPS将棋の相手をさせられたうえ、
一台でも面倒な強さのCPUを670台? 相手にするという無茶な条件の中、一瞬でも勝ちに見える局面を作れたのは流石と思いました。

押し切れば完勝 逆なら完敗という1か0かの勝負を挑めるのは強いですね。
ただそのせいで時間を使わざるをえない展開になったのはやはり辛いところですね。

ある程度将棋をやっている人には両者の強さが伝わったと思いますが、あまり経験が無い人が見たら
…と思うと残念な終局図になってしまいました。




次回以降はどうなるのでしょうね?
やはり相手が生身で無いということも考え、持ち時間や休憩回数を調節するなりしないとどうしても向うに有利になってしまうと思います。


しかし、自分も位を取って突っ込んでいくタイプなのでやはり今日の対局からのダメージは大きいな…
…と終わった後 ぼーっとしてて思ったんですが

誰も飛車振らなかったなーと。
誰も矢倉以上の囲いを使わなかったなーと。

次があるなら居飛車党・振り飛車党を半々で選んだり独自の得意戦法や形を持っている人を選出してほしいと思いました。

棋士のCPU戦への対策に期待です。

~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。