スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中四大会まとめ~ACE編~

待たせて悪かったな!
誰も待っていなかったかもしれませんが
お久しぶりです。ACEです。
以前に一度囲碁の大会に出させていただいたときに、感想を書かせてもらった以来何も書いていないので、
約一年ぶりくらいの投稿になります。

さて・・いきなりですが、まずは団体戦から振り返ります。

対局前の個人的な予想によると、優勝は少しきついかなと思ってました。
・・・というのも副部長の大会総括の記事に書いてあるように、
私を含め幾らかの部員の将棋の調子が悪かったのと、
体調の悪い方 (副部長様) がいたからです。

まぁ行きの電車の中で体調の悪い方の心配は吹き飛びましたけど。。

今年のオーダーもくじで決めたのですが、そのオーダーも不安要素の一つでした(笑)
しかし副部長からこのオーダーで行くというお達しがでたので、その言葉を信じました。

結果のみを書くと、
山口大学、岡山大学、島根大学さんに勝ち。
広島大学、香川大学さんに負け。

他の部員はどう思っているかわかりませんが、自分的には結構満足な結果でした。

それでも、西日本出場を逃したときはすごく悔しかったですけど。
でも部員一人一人が、チームの勝利を信じて目の前の一局を戦った結果なので、
個人的にはその結果をすんなりと受け入れることができました。

団体戦を通じて思ったことは、
秋の中四は優勝できてもおかしくない位置にいるということです。

団体の勝ち星は3-2でしたが、自称戦犯様の不調もありましたし、
一年生も今以上に成長してくれると思います(確信)。

まぁこの勝ち星の裏にはQuinさんの素晴らしい活躍があってのことなのですけど。



いろいろ書きましたが、まとめて言いたいことは、
秋の中四こそ絶対に優勝してやろうZE!!(昭和風)ということです。





団体戦の自分の対局の感想ですが、なんと2局しか覚えてません;;

・・・のでその2局のみを簡単に書こうと思います。

といっても盤面なしですけど。。
まず、広島大学のH壁さんとの対局。
中盤うまく受け切られて、切らされ模様でしたが、端からなんとか手を作ることができ、
紛らわすことができました。
ただ内容はいいものではありませんでした・・・

もう一つは島根大学の理事長様との対局。
なぜか私が、理事長様が相振りで負けているという事前情報を得ているから相振りにしたということ
になっているみたいですが、私はその情報を全く知りませんでした><
ただ相振りを指したかったから指しただけです・・・ハイ

そして内容は・・・ボッコボッコでした^^

中盤の入り口で囲いが不十分なところを攻めつぶされ、自然に攻められて超劣勢に陥ってしまいました。

そのあと、飛車がとられるのもうっかりしていて、いいところなく終わるかに思っていましたが、
「俺がやらなきゃ誰がやる」っていうドラゴソボールの言葉を思い出す暇もなく、
ひたすら難しくなる順を選んで、相手の受けのミスもあって逆転することができました。

ただ自分の相振りの稚拙さを露呈した一局となりました。
相振りは難しいですからね!(言い訳)





続いて個人戦です。
こちらはなんと予選から全ての対局を覚えています!ヒューヒュー
ですがこちらも盤面なしで簡単に振り返ります。

まず予選一戦目。広島工業大学の方と。
予選一戦目ということもあり対局前はかなり緊張していました。。
囲いはこちらが片美濃で相手の方が穴熊。
どうして序盤からこんなに作戦負けになったのかわかりませんが、勝つには相手の攻めを切らすしかないと
いう展開に・・・
実戦は何とか攻めを切らせましたが、途中難しい局面も多く、
感想戦でご自身が指摘されていた手を指されていればこちらが相当苦しかったと思います。

予選二戦目は岡山大学のY田さん。
こちらは玉頭戦の非常に難しい一局になりましたが、美濃へのこびんの攻めが思ったよりうるさかったみたいで、なんとかものにしました。
本当に難しい将棋で、攻めも受けも正解の手がよくわかりませんでした。

本線一戦目は四国の方と。
こちらは、私の攻めがつながるかどうかという展開に。
最後に攻防の角を打つことができて、なんとか勝つことができました。

本線二戦目は愛媛大学のO田さん。
こちらは私の居飛車vs四間飛車になり、5筋の攻めで主導権を握り、と金を作ることができて
勝つことができました。

ここまでが2日目でベスト16です。



ーーーーーーー3日目ーーーーーーー
・・・さて次は・・・副部長と。
・・・ですがこの対局は本人が感想を書けば私も書こうと思います^p^

ベスト4を決める対局では愛媛大学のY武さんと。
こちらは角交換からのこちらの右玉。
こちらは、右玉の薄さが如実に表れた展開となり、玉頭を攻めてこられて負け。。
角交換されたときに指す戦法の幅を広げないといけないなと思う一局でした。

5位決定戦一戦目は岡山大学の元理事長様と。
こちらは、序盤早々にこちらに誤算があり、超劣勢に。。
途中、怪しげに打った歩を丁寧に面倒みられていたらなす術なかったと思います。

5位決定戦二戦目は岡山大学のI藤さんと。
途中調子よく攻めているはずでしたが、巧妙な歩を打たれて、劣勢に。。
ただその後角を引かれた場所が当然に見えて実はあまり良くなかったみたいで、その角を抑え込むことに成功し、玉頭から攻めてなんとかものにすることができました。


・・・さてざっと個人戦を振り返ってみましたが、文面からもわかるように、
序盤に作戦負けになっている将棋が多かったです。
西日本までには、特に序盤を極めなければいけないなと思いました。



そして、もうひとつ書かなければいけないことが。
私は懇親会には出席しなかったのですが、懇親会に出席した副部長に聞いた話では、広島大学のN口さんとF川さんはfumikoさんを知らないとのこと。。。
ぜひ知っておいてくださいね!
上の4行は皆さん何のことかわからないと思うので無視しておkです。









かなり長くなりましたが稚拙な文章をここまで読んでくれた皆さんに感謝です。
ではここらへんで終わっておきます。
失礼しました。

ps Quinさんブログ改装ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

急に自分の名前を見つけ、「これはコメントしなくては!」
ということでコメントさせていただきます。

春中四お疲れ様でした。
拙い運営で色々ご迷惑をおかけしました><
秋中四でもよろしくお願いしますm(_ _)m

ところで「fumikoさん」・・・そんな話しましたっけ?w
また今度お会いしたときにでもぜひ教えてください(≧ω≦)/

No title

中四お疲れ様でした。
そしてこのブログに訪問いただきありがとうございます(#^.^#)

本題ですが、
「fumikoさん」という言葉ににピンとこられないのも納得です。
fumikoというのは“ある方”の下の名前で、副部長によると、その“ある方”の苗字で会話したそうなので何のことかわからないと思います。

ちなみにその“ある方”の苗字をここに書いてもいいのですけれど、
とても恥ずかしいので
また今度お会いした時にお話させてもらいます('∀`)
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。