スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒落について

明日、支部で大会があるのですが棋力差によっては駒落になります。

支部内での自分のRは上の方なのでおそらく上手として2局は落とすことになるでしょう。



常先は望むところ。 
香落は相手が定跡知らないことを祈る。 
角落は比較的いつも通りに右玉。
飛車落は御神酒指で成り行き任せ。

二枚落とすことはないと信じてる…



部内では、H田に飛落 H、H本に二枚落。

自分の棋風が駒落向けと言うこともあり、特に自分は抵抗無いのですが平手で指した方が良いんですかね?
他大学の初心者への実戦での指導法が気になります。



たまたま前に古本屋で(¥105)購入した『角落必勝法(監修・中原誠)』を読みました。

加藤九段… 強いですね…

当時奨励会の瀬戸三段との対局、まずは下手の中飛車を抑え込み千日手。
指し直し局は矢倉になったのですが… 
角落 加藤 ‐ 瀬戸
次の一手として出されれば指せそうですが「実戦で見えるか」と言われると自信ないですね

こういう当然 △2四歩 に見えるようなところでも最強を尽くさなきゃいけないのだと身に沁みました。

というか

加藤九段、強すぎです…


~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。