スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と…

部は恐らく誰も行っていないでしょうね…
部員はほとんど帰省中でしょうか?

休み明けたら中四もありますし、棋力の維持だけでもしてほしいですね。



20130816①

今日指した一局から。 相手はここをときどき見てくれているH君。
前まではノーマル四間オンリーのイメージが有ったのですが、色々試してる最中でしょうか?


まぁ、どちらが…ってのはいらねぇですよね。 一手前に指と視線と読みの焦点が勝手に2五に行きました。
▲4七銀 の代わりに ▲5七銀~4八飛 …流石に無いかw

しかしここで位を確保する手段が △3四銀 だけというのは正直怖かったので、 △3四銀~4三金 を急ぐべきだったかもしれません。

やっちまったもんは仕方がねぇ、と開き直り右図。 

以下
△4五歩  ▲5七銀  △4六歩  ▲同銀左  
△2六歩  ▲同 歩  △同 飛  ▲2七歩  
△4六飛  ▲同 銀  △7九角  ▲4四歩  

無理攻めとはいえ急所に馬ができればと思っていたら、 ▲4四歩 の叩き。
△同金 には ▲8四飛 で返されるし、金を取らせる度胸は無く…  実質これがトドメで完敗。

ウチの大学に入ってほしいなぁ、と思いました(笑)


20130816②
こちらは初級者のS君と。(自分は△。)

最近、支部で結構指しています。 居飛車党ということで色々な戦法で相手をして教えていますが…
(この日は三間・角換わり・一手損角換わり)


こうしてみると居飛車って覚えなきゃいけないこと多いな~ と実感します。
そして振り飛車の序盤十数手の気楽さが分かります。  美濃囲いに組めれば最低限、一局にはなる訳ですしね。

一二三先生は振り飛車にも矢倉で指してた時期もありましたが。

図は危険な組み方。 棒銀に玉から囲って行くのは流石に恐ろしいですよね。
自分も高校までそう指してた気もしますが。

居飛車の何が難しいって、囲いを作るのに最低限の手順を尽くさなきゃいけないところ。
囲いの相性は覚えてもらえたので一歩前進ですが…  

自分なりに理屈つけて駒組みできるようになれば上級~初段まではあっという間なので最初は辛抱ですね。


ちなみに角換わり棒銀対策に右玉と腰掛け銀を示しましたが、前者はいくら有力でメジャーでも教えるべきではなかったと反省中。




他の対局中、S君と誰かが話していたのですが、その相手の方が
『強い人相手に普通の形やっても勝てないからなぁ』 と言ってた気がします。

大学2年までは自分も似たような考えで奇襲ばかり使っていたので何とも言えませんが
形は大事です。

その場その場で基本を逸脱したことやっても将棋になるのは初段の下程度まででしょう。
それ以上の人とやれば無理を咎められて余計惨めになるだけです。

三段格程度まで上がるにはやはり形に対する最低限の理解が必要だと思います。




そして今日はマイナビの一斉対局ですね。
女流の対局はワリと色々な戦形が出てくるのでちょっと楽しみです。

久しぶりに普通の振り飛車対急戦が見てみたいなぁ…

~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。