スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦法基本メモ 【角換わり・一手損角換わり】

最近子供に教えることが多くなってきたのでなんとなく頭の整理も兼ねて。
~中級くらいの部員が入ったときにここを見る切っ掛けにでもなればいいですね。

ちなみに戦法は思い付いた順で序盤の基本的な理屈のみです(笑)


先日、小学生のK君と対局した際に角交換すれば飛車先交換されないのにな~、というケースがありました
多分 『角交換は一手損しちゃうから良くないんだよ』 と教わったのかなと思います。
ということで最初は↓


角換わり&一手損角換わり(後手の戦法)
どっちも角交換するのに一手損するかどうか何で決まるんだよ?
っていうのはもっともな疑問ですよね。 『手損するかどうか』を理解&実践できるなら確実に初段はあると思います。

一手損角換わり
上を一手損角換わりの基本図とします。
【一手損基本図までの手順】
▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △8四歩  ▲2五歩  △3二金  
▲7八金  △8八角成 ▲同 銀  △2二銀  ▲7七銀  △3三銀  




これだけでは分かりにくいので下を角換わりの基本図とします。
角換わり
【角換わり基本図までの手順】
▲7六歩  △8四歩  ▲2六歩  △8五歩  ▲7七角  △3四歩  
▲8八銀  △3二金  ▲7八金  △7七角成 ▲同 銀  △4二銀  
▲2五歩  △3三銀  





二つの図を見比べれば上の図の方で後手が手損してるのが分かると思います。

下はどうして手損していないかと言えば、
①相手の移動数の多い駒を、②それ以下の移動数の自分の駒で取っているためです。
この場合は▲の角が①で、△の角が②です。



この後は互いに矢倉、時々右玉(対棒銀時など)に組むわけですがここで二つの戦法の一手差が表れてきます。

通常&一手損 比較図
左が通常の角換わり、右が一手損です。

通常の方は『同形角換わり』とも呼ばれ、互いに矢倉の理想形を目指すとこうなるといった形。
ですが、ここからは▲が殴り続け、△が耐えて反撃に出られるかという勝負になりやすく、後手側が普通は避ける形のようです。
まぁ、同じ形で先に仕掛ける方が有利なのは当然と言えば当然な気もしますね(笑)


じゃあ、一手さらに少ねぇならもっと駄目じゃん と思う右図ですが、飛車先が伸びてないおかげで桂が跳ねるスペースがあります。通常形より反撃の手段が多いのが主張です。

その他に角換わりでの先手の攻め(同形・棒銀・早繰り銀)を見てから対応した反撃を出せる利点もあります。

ここの欄に書いてることは有名過ぎてウィキにすら載ってますねw
詳しく知りたい方は書店へ行き『最新戦法』や『最新定跡』と題された本を読めば最近の研究がバランスよく知ることができると思います。



本格居飛車党を目指すならこの後の定跡も避けては通れぬ道ですが、上の方で書いた手損するかどうかの理屈だけでも知っていると序盤での無駄が確実に少なくなると思います。

現在の部で本格居飛車党と言えるのはTTM、時々O嶋くらい…ですか?
詳しい定跡や参考棋譜、練習相手は彼らに頼むといいですねw

~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。