スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり日帰り対局記~山陽アマ将棋名人戦県予選+~

(+の部分)

とある方から
「アマ名人戦県予選の方はどうだったの?」
と聞かれました

今更ですね 初戦敗退ですよ 
何が悔しいって 切れて負ける10秒前の局面 超ド級の必勝形だったことですかね



はい、今日の結果です

理大の現役からは3人の参加です。
自分の他にA沼、I坂が参加しました。


一回戦:●

はい引きました☆ 県代表クラスのKさんです~
「この会場一の外れクジ」を引いたと言われましたw

序盤、無理矢理矢倉を見せるKさんに対し、矢倉右玉で対抗。
際どい序盤を乗り越え玉頭の位を制圧したところではおそらく優勢。

「このまま行けぇーーーーー!!!」 
と必死に追撃を掛けるものの、渡した駒で自玉が一手早く寄せられThe End。

敗因はちょくちょくありますが、その場で即反省したのは
端歩を突く心の余裕を失っていたこと&寄せの速度が計算できていなかったこと。

端の歩突きは心の余裕とも聞いたことがあります。
寄せの感覚をその場ですぐ正すのは無理なので、「中盤までに局面or時間に差をつける」
ことをできるだけ実践することに。


二局目:○

とりあえず今の手の見え方で互角の寄せあいはきついので序中盤は細心に。
右玉に組み、さらに位も張り自分の中で作戦勝ちと思える形に。
相手の無理攻めが来ましたが、受け切ったところでは、
と金+馬で相手の大駒を抑えおそらく必勝形。 しかし相手が頑張ってきて混戦に。

終盤相手の熊に王手がかからず
「くそ…このまま散ってしまうのか」 と敗勢を覚悟して、盤面をもう一度見渡し…

あきれました。自陣の飛捨てれば 
と金+馬+銀+竜+角 が待っている敵陣まで簡単に行けてド必勝だったんですねw
実戦もそのルートに入り、入玉→必至→詰み までで終了。 (残り20秒。)
じゃあずっと必勝だったということになるんでしょうか(苦笑)


三局目:○

今日は右玉シリーズで… と決めていたのに、やってきました、ゴキナカですw
序盤の5手で早くも構想破綻w とりあえず「超速」で対抗することに。

作戦勝できるイメージが自分の中にないので抑え込んで相手に考えてもらうことに。
将棋の内容は… 焼き加減で言うならウェルダン以上…消し炭でした(灰)

が、長い序中盤乗り越えたところで相手の持ち時間が寄せを読み切るのには足らず
逆転勝ち。

相手はものすごく不服そうでした… 感想戦では相手が良くなる変化しか出てきませんでした。
そりゃそうですね、今回途中から長く生きることしか考えてなかったので…

…ごめんなさい… 次は定跡と読みで勝負しましょう…


四局目:○

相手は知り合いのMさん。 
15分切前後の短い時間では驚異的な強さを発揮する人で、自分も大分お世話になりました(怒)

その時のせいで若干下に見られてると思うので負けるわけにはいきませんでした。

相手の石田に対し左玉に。 
相手の経験にない戦法だったらしく、最後色々な変化はあったものの完勝。
これで認識改めてもらいたいですね~






以前までの大会と違い、乏しい集中力をフルに活用できたと思います。
場面場面で所々開き直れたからでしょうか? 
なんにせよ、心の余裕は必要ですね。
来週本戦があるらしいので、上位目指して行きましょうb



他の二人は散ってしまいました…
まぁ、中四まで一ヶ月あるので、この大会での経験値を消化する時間はあると思います。
次に向けて前進して下さいね。


最後に、情報が不確定だったため、ここに告知できなかったことをお許しください m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。