スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦法基本メモ 【囲い方②】

最近よく指す人で5手目までに作戦負け気味になる方が居ます。
将棋は序盤じゃ決まらん! とかよく聞きますが、不利にならないに越したことは無いでしょう。

…若干?の不利を承知で中四での対振り対策に、左玉提げてった物好きもいましたが例外ですw



【居飛車vs?】
序盤で相手の作戦が決まるまでのメジャーな組み方です。

手順①
▲7六歩  △8四歩  ▲6八銀  △3四歩  ▲6六歩  △6二銀  
▲5六歩  △5四歩  

※後手が居飛車側。 

2手目△8四歩:4手目と合わせ、矢倉指向。 逆だと普通の矢倉戦にはなりにくいです。

3手目▲6八銀:替えて▲2六歩だと、△8五歩~△3四歩の角換わり、
        △3四歩からの横歩・一手損など。
        悪いワケじゃないですが相手に選択権がありますね…

5手目▲6六歩:昔は▲7七銀も多かったようですが、これならまだ振り飛車も匂わせています。

6手目△6二銀:相手の出方が分からないうちの無難な囲い方は右銀から。

8手目△5四歩:矢倉なら角の通り道に、振り飛車になれば銀の置き場所に。

細かめに書きました。自分がこれを矢倉の手順として理解できたのは2回生後半以降です。…遅ッ! 弱ッ!!

普通は次の手辺りで作戦が決まります(▲6七銀・▲4八銀など)が、ここまでの指し手でのポイントで玉や左の金を動かさないのが重要でしょうか。
居飛車vs?
手順②
▲2六歩  △3四歩  ▲7六歩  △4四歩  ▲2五歩  △3三角  
▲4八銀  △3二銀  ▲5六歩  △4三銀  ▲6八玉  △6二銀  
▲5八金右 △6四歩  ▲6六歩  △6三銀  ▲7八玉  △9四歩  
▲9六歩  △7四歩  ▲6七金  …右図

※先手側が居飛車。

そして後手は『南流』と呼ばれる、最長に近い後出しの構え。 ここから右四・右玉・袖飛車・振り飛車といった選択肢があります。 …全然メジャーじゃないですけどねw

ここまで後出しされたら流石に玉は動かさないわけにもいきませんが、やはり左の金は保留しています。
左の金を動かすと適切な囲いを選べなくなるからです。

例えばここで後手が振れば▲8六歩~の左美濃や、▲7七角~8八玉~の穴熊に、△8四歩と居飛車を匂わせればやはり穴熊… に囲うことができます…



【振り飛車vs?】
手順
▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △4四歩  ▲4八銀  △4二飛  
▲6八玉  △6二玉  ▲7八玉  △7二銀  ▲5六歩  △7一玉  
▲5八金右 △3二銀  ▲9六歩  △9四歩  ▲6八銀  △4三銀  
▲3六歩  △8二玉  …左図

初心者に教える戦法に四間飛車含む振り飛車を選ぶ方は多いですよね…
その理由が上の手順に現れています。

相手が囲い放置の一直線棒銀などと変な指し手をしてこない限り上の囲いの手順は揺るぎません。
※先に美濃に金引っ付けるとか銀上がるより玉先に動かすとか細かい好みは除きます。
振り飛車vs?
対振りでも途中までほぼ同様。
互いに一直線に美濃ってますね。 (ただし先手はこの後矢倉に組み直します。)

居飛車は細かいこと教えないと有段者相手に序盤十数手で終わることが多々ありますが、振り飛車なら少なくとも30手くらいまでなら最悪、作戦負けで済ませることができるのは魅力ですね。

ウチの振り飛車党達の最初に習った戦法も四間飛車とかでしょうか?



しかし駒落ちの子には教え方が難しいですね…
2~6枚落ちが最近多いですが二歩突っ切り定跡を絶対的なものとして教えるのも気がひけますし…
まぁそこは子供たちの性格次第なんでしょうか?

~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。