スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年4月18日 Quin

今日は19時から。

この時期恒例、安定の10人超えの部室。 
ACEを久しぶりに部室で見た気がします。 しかも一回生と囲碁打ってましたね。結果はどうだったん?


そしてA沼先生も最近結構な頻度で来ています。 ラスト?中四に向けカンを取り戻そうと頑張っているようです。
まぁ正直安心しました。 
昨年度の団体で全敗しておいて前日にポ○モンしておきながら後輩狩りとって16強に残るという中々の大罪犯したのが彼のラスト学生大会にならなくてホントに良かった(安堵)


自分の中での彼の立ち位置がPトレーナー一色にならずに済みそうです。



この日はN田君と初対局。 
ODK君が『駒落とした方が…』と言うので景気良く勝ってもらおうと6枚落ち上手でスタート。

手合い違い気味なのに気が付いたのは彼が6筋に銀を二枚並べたところ。
『銀多伝やないか… 2枚落ちですら組めたらド必勝なんに…どうすりゃいいん?;』

しかし、飛車を展開すれば勝ちの所を一手緩めてくれたおかげで敵陣にトライできました。が。
直後に必至。 最後の10手程は上手に勝ちが無かったようです。
次は4か2枚落ちで指しましょう。 つか終盤の3~5手ちゃんと読めるんだし平手もすぐかな?



今日の図面コーナー。 相手の名前は伏せときましょう。(▲が自分。)

左図から、
△6七成銀 ▲7四銀右 △6五歩  ▲8四桂  △8二玉  ▲5五馬  
△7三桂打 ▲同桂成  △同 桂  …右図。

先手が優勢だったはずが受け方が少し軽過ぎたため逆転しているようです。

左図からの読みでは
△6五歩  ▲同 馬  △6七成銀 ▲7七馬  △同歩成 
が妥当な手順と思いますが、△に詰めろが掛かっていないのでこれは負け。
受けに駒を使ったら駒不足でジリ貧なので一手一手。

本譜は銀が急所に出て、いきなりひっくり返りました。

20140418.gif

右図。 ここでは流石に詰みありと思っていたのですが一瞬1四の飛の存在を忘れ、▲同 銀~▲7四桂を読んでしまったため時間に追われ…

▲6五馬引 △7四飛  ▲7八歩  △6八銀  ▲8九玉  △7八成銀 
▲9八玉  △8八成銀 
 まで、110手で後手勝ち

無念過ぎる…orz  ちなみにちゃんと詰みはありました(涙)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。