スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第91回中四国学生将棋大会記

※この記事は何の資料も参照せず、自身の記憶のみを頼りに書いているので、過去の対戦の有無などの情報に誤りがある可能性がありますので予めご了承ください。

自分自身でも想定外の半年間の卒業延長により、本来なら出場する予定のなかった今回の中四に今度こそ最後の心づもりで参加しました。
昨年は団体戦で1勝もできなかったので、その汚名をすすぐことが第一目標でした。

団体戦
オーダーはいつも通りアミダ。

・島根大学 vs Y山さん 勝ち
確か2年前の岡山での春中四で個人戦で対戦があって、その時は石田流の将棋でごちゃごちゃさせて勝って、その後不戦勝という運に恵まれて、私自身初のベスト16に残った記憶があります。
今回は私の後手番で、ゴキゲン中飛車に。穴熊を目指してこられたので、3筋の位を取って5四に飛車を浮いてから石田流に組み替える作戦を採用しました。
序盤はこちらは銀冠まで組んで、相手の方からはなかなか本格的に仕掛けにくい展開になりやや作戦勝ちのような雰囲気に。仕掛けてからも少しリードしているかな?と思いつつ指して、やや食いつかれた感もあったものの、最後に角のタダ捨ての秘手を残していて勝ち切ったという自分の中でのイメージだったんですが、複数の方に「まくりましたね~」というようなことを言われました(汗

チームは望外の7-0。この時はもしかして今回は優勝あるか?と思いましたが…。
私が理大に入学してから、A級どころかB級でも7-0は記憶にないんですが、ありましたっけ?

・愛媛大学 vs O田さん 負け
前回対戦した方ではなく、「殿」の方の人です。今回が初手合い。
相振りとなり、相手の高美濃の三段目の金の頭の歩が切れているところを攻めかかるも、反撃筋に対し、飛車をスッパリ切る手を時間ギリギリで指しきれなかったことで局面のバランスが崩れてしまいました。
今回の対局の団体・個人を含め最も後悔の大きい一局です。

チームはOKT・ACEの2人しか勝てず2-5負け。

・岡山大学 vs T村さん 勝ち
岡山開催の時のみ中四に参加されているイメージの方ですね。
将棋はこちらの三間飛車に、中飛車からの左穴熊という形になりました。しかし、相手が2枚の金を全く動かさないまま角交換となる仕掛けを決行してきましたが、少し無理気味だったこともあり、かなり大差になりました。

チームはOKT・ACEと私が勝つも、オーダー負けという感じもある3-4負け。

・香川大学 vs K松さん 勝ち
こちらの早石田に対し、向かい飛車+金無双という形の相振りで対抗してこられました。
こちらは5筋の位を張り、8六に角を配置し、5筋突き~角成りの筋をチラつかせる格好に。
途中で3四に相手の飛車がいる状態で2五の銀を2六歩という手で1四に追いやって遊ばせたことが大いに利いて、押し切ることができました。

チームはやはりOKT・ACE・私勝ちで3-4負け。愛媛大学さんと香川大学さんにはいつも負かされているイメージがありますね。

・徳島大学 vs S藤さん 勝ち
T村さんとの将棋と先後は異なるものの、同様に三間飛車VS左穴熊の将棋になりました。
音量は小さいものの対局中に口笛を吹かれていたので、注意すべきかどうか悩みつつも普通に指して相手のミスに乗じて攻めきって勝ちました。

この対局前の段階で2位以上も降級もほぼない状況だったので、ACEを外すなど育成重視のメンバー(私は最後の中四ということで出させて頂いた格好)でしたが、4-3の勝ちでした。

今回の団体戦はOKTが5-0、ACEが4-0、私が4-1でしたが、岡山大学戦と香川大学戦で顕著に表れたように、他大学さんよりも4つ目をもぎ取るところが足りないな、と痛感しました。
うちの順位は4位。優勝は岡山大学、準優勝は愛媛大学、降級は島根大学でした。

個人戦
・予選
第1局:vs Hさん(広島) 勝ち
こちらの中飛車に対し、玉頭位取りのような形でしたが、こちらは5四に拠点ができて、7五角から角を切って5三にぶち込む筋を見せて一気に攻め勝ちました。

第2局:vs H川さん(香川) 勝ち
失礼ながら存じ上げないお名前の方でしたが、予選第1局を横目で見ていると、大熱戦で相手の攻めを受け切る感じで勝ってたので油断できないな、と思い臨みました。
団体戦の島根大学Y山さん戦に近い将棋でしたが、3二に金は上がるも穴熊には組んでこないままの開戦となりました。
飛車角交換(こちらは飛車2枚)となり、相手には5七のと金が残るも、その段階で2二玉+3二銀+4二銀という形に薄くなっていたこともあり、攻め合いでギリギリ1手勝ちできました。
これで予選2-0で通過できました。

・本戦
2回戦:vs U野さん(山口) 勝ち
こちらのゴキゲン中飛車に超速が来るかと思いきや、なんか相手の方の手順がチグハグ。
相手が角を打ってきた手にすぐ飛車で切って歩得で馬が作れるという望外の展開になりました。
こちらの中盤の方針もややチグハグだったところもありましたが、相手の大技を見切ってきっちりと受けての受け切り勝ち。

3回戦:vs ACE(岡理) 負け
…。
2年前、前回の岡山での中四ではベスト16同士での対戦がありましたが、今度はその一歩手前で同士討ち。
序盤で大ミスしてしまい、その後もミスを重ねてしまい、どうしようもない局面にしてしまいました。
その割にその後もやたら時間を使いながら指しましたが、局面の手を考えるというよりも、これまでの中四とか囲碁将棋部の思い出のようなものが走馬灯のように駆けめぐり、昨年の秋にはなかった「ああ、これが最後なんだなあ」という気持ちに浸りつつ、最後をACEに斬ってもらうというのも悪くないめぐり合わせだったかな、とも思いました。

今回は、将棋の内容自体はACE戦以外は概ね満足できる内容だったように思います。

私が秋以降抜け、ACEも来年以降いなくなると、うちもいよいよ降級候補となってより厳しい戦いを強いられることになるでしょう。
それを切り抜けることができるかどうかは、今回個人戦8位の右四教祖(Y本)をはじめとする2回生、今回A級団体戦に出場したODKやT長などの1回生の活躍次第となるでしょう。
今後も少しでも長く岡山理科大学がA級で戦えることを祈っています。

…とまぁいい感じの話を残して秋以降も卒業できなかったりしたらかっこ悪いですね。
長文となり失礼しました
(A沼)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。