スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり日帰り対局記 ~朝日アマ将棋名人戦 中国予選~

明けましておめでとうございます。

1月8日に広島の将棋センターで朝日アマがあったので行ってきました。
2年前にも参加しているのですが、その時は前日のB級で3位、本番のA級では一回戦敗退でした。
その時のトーナメント表を見ると、自分の名前の下に一回生のOの名前が載っていました。

となると、隣で対局してたはずなんですが記憶にないですねぇ… 
3つ隣に騒がしいおっちゃんがいたのは覚えてるんですがw


大会の形式はトーナメント一発勝負、負けたら敗者リーグ戦というものでした。

本戦一回戦:●
ネットを除けばこれが指し始め。 
相手が居飛車なのでこちらの戦形は当然(?)右玉!!
中盤、思っていたより一手早く仕掛けられ、それに無理やり反発し戦いに。
終盤に竜を作って優勢になったものの、逃げ方を誤り速度が逆転。
勝負手を出し敵玉に迫るものの、正しく対応されそれまで。

…今年は(も?)黒星スタートとなりました…




敗者戦一回戦:○
トーナメントなので実質大会は終了。後は経験値稼ぎの対局となりました。
相手は山口大学の方。四回生ということでお互いなんとなく見覚えが…

相手の四間に対し、糸谷流右玉へ。
相手は穴熊に組んだもののバランスが悪く、終始攻め抜いて終局。
ただ、決め手のつもりで飛を切りに行った手が実はタダだったというのは相手には秘密ですw



敗者戦二回戦:●
ハイ、やらかしました。 右玉初心者が良く食らうような両取りを序盤早々くらいましたw
勝負手連発しても届かないほどの差がつき、終局まで縮まりませんでした。



敗者戦三回戦:○
序盤四手目に今では若干下火になりつつある△3三角戦法が登場。
基本的に自分は右玉ですが、この戦法みたいに挑発的なことをされたら正攻法で行きたくなりますよねぇ…

駒組み後、▲8八角△4四角▲6六歩と昔見た対策を実行。
ぶっちゃけ一方的に抑え込んで終盤に余して勝ったのですが、自分が優勢になったと思った局面で
相手の方がそんな序盤に悪くなるはずがないと反発、感想戦で第二ラウンドがw
7,8通り程の変化で勝ったのですが終わりそうにない感想戦。

進行送らすのも何だったので、次の変化手順で緩めましたw



敗者戦四回戦:○
角換わり右玉を指そうとしたところ、途中の変化で筋違いに角を打たれ力将棋に。
その後の構想に無理があり、相手が穴熊の堅陣に囲う間何もできず超作戦負け。
しかしその後相手の攻めが緩んだのか、受けが緩かったのか、「どうしてこうなった?」で終局。

序盤の形を思い出しただけで、勝てたのがおかしいと今でも思います。





指し始めから大会となりました。
県外にも関わらず、岡山の大会常連がかなり参加していました。

岡大からはU田さんが出ていました。 
もはやマスクにヒエピタは、彼の大会でのユニフォームになってきています。

今回指してみて、休み前ロクに何もしなかったのが響いているなと…
何か危機察知能力が落ちた感じです。 正直こればかりは指さなきゃ何ともなりませんよねぇ。

山陽アマ戦も近づいてきているので本腰入れなきゃいけないですね。


~Quin~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした

お疲れさまでした
次は優勝してくださいネ
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。