FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第87回中四国学生将棋大会 ~感想.1 Quin~

今回は大快挙でした!!
ここ4~5年では一番大きな功績だと思います。


団体から思ったことをツラツラと書いていきましょう。


今回のメンバーの内訳は

O田(一回生:五段)
O (二回生:五段)
A沼(三回生:二段)
Y内(五回生:三段)
I坂(三回生:初段)
I井(二回生:4級)
S藤(一回生:2級)
O嶋(一回生:2級)

段位は将棋倶楽部24考慮とか自分目線の目分量。

初戦の対局では先手になり、右玉か 対振右玉か 風車か 陽動振飛車か… と、
先手番にあるまじき選択肢を考えていた所、飛車先を突かれ、横歩の流れに…

なるはずが、10手そこそこで相手陣に飛が成り込む。以下略。


次は、二年前のA級戦犯時よりはグレードの上がった2手目△7四歩を採用。

その次も採用。 

この手を指す時のポイントは、先手▲7六歩の後、間発入れずに指すことでしょうかw
ホントは切れ負けの大会の方が効果があるんでしょうが…
自分が終わった時点で勝越しがほぼ決まっており、ここまでは順調。

問題はやはりA級から降りてきた鳥取大。
最後は初見殺しの奇襲を使う気にはなれず、角交換し▲6八銀とし様子見。
次の一手は△4二飛。
以下▲7七銀~8八飛で角交換相振りに。
昔研究した手順をなぞり、勝負どころが消え勝勢になったところで両隣りの確認。(既に●1。)

I坂は右玉の中盤入口。普段使っているから分かる絶望感を感じた。
A沼を見る。


この後順当に終局し、自分の対局とS藤の対局が残るのみ。(○○●‐●‐●)
自分は勝つしかない、というか勝つとして…

自分に10連敗中の一回生の肩に全てがかかるとは…

「何でもいいから勝ってくれ!!」と大学入って初めての神頼み。
願いが通じたのかS藤の相手が頭を下げた。

これで3-3。 局面は必勝。 自分の視線から持ち駒の歩を外し勝利確定。


終わってみれば全勝者が4人と、まさかの好成績で終了。

自分がA級に上がる体験をしたのは2回だが、大会・道場経験者が多く、
前回より遥かに強いチームになったと思う。



自分の、団体戦で全勝できないジンクスも破ることができた。
チームでA級優勝は8割方きついだろうが、
A級でも常勝できる『頼れる先輩』になれるよう励みたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

A級で常勝できるようにって
お前はあと何年学生でいるきだwww
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。