スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春中四レポ ~団体・広島大学戦~

お久しぶりですK山です
一か月以上更新せずにすみません(。´・(ェ)・)
今回の春中四レポは前回、今回の投稿を含め3局(全部対矢倉棒銀)自戦記を書いていこうと思います

片山大平1片山大平2

お相手は広島大学のO平さん
ひらりんの呼び名で有名な広大の強豪です(個人戦6位入賞おめでとうございます!)
戦型は私の先手で忍者銀を採用、仲間たちから「玉が薄いからやめて!」といったクレームはスルー
左図でO平さんは米長流(もしくは藤森流)のような形で対抗してきました
ここでは5五歩や7九角なども考えましたが飛車を5筋に振り中央勝負にもっていきました
しかしこの構想がダメダメで以後苦し戦いが続きます(右図を冷静に見たら攻めが決まるビジョンが見えない・・・)
5八飛のところでは柔軟に5七銀と引き、4筋の転換を見せながら角道を通すのも有力だったかもしれません

片山大平3
中央勝負を自分から吹っ掛けたもののうまくいかず上図
この5四銀がO平さんの棋風が出た一手ではないかと思います
ここでは3六歩が目につきますし最善手だとは思いますが、先手からの早い攻めはないと読んだうえで絶対に負けない一手を指されてしまいました(5四歩からこちらが暴れるのを気にされたのでしょうか)
こうなってしまったら相手が手厚すぎてこちらの指す手が難しくほぼ敗勢といった形です

片山大平4片山大平5

終盤まで進んで上図
結果的には終盤に入る前に中押し負けといった感じですかね
最後まで徹底してこちらの攻めを切らし負けない将棋を貫かれてしまいした
一局を振り返ってみるとやはり序盤の構想に難があったと思います
相手が手厚く構えている中央で勝負するのはあまりにも迂闊でした、反省してます
また不利になった中盤でも7九玉8八玉と自陣整備する時間はあったと思うのでそこを省いて無理攻めに行ってしまったことも反省点です、全体的にお相手が一枚も二枚も上手でした
この私の敗戦をはじめ四回生三人組がそろって負けてしまいチームも3勝4敗で敗北、勝利した広島大学さんは西日本大会進出決定と完全に戦犯になってしまいました

次回の投稿で春中四レポは最後になります、中四レポ以降は地方大会に関する記事を(気が向いたら)投稿していこうと思います
ではでは ノシ

春中四レポ ~団体・愛媛大学戦~

お久しぶりですK山です
最近就活など忙しい日々を送っているので更新が遅くなってました(忘れてたわけじゃないよ!)
今回の大会は団体が5局、個人も諸事情あり5局指しずべての自戦記を書くのは骨が折れるので
何局かピックアップして自戦記を書いていこうと思います
片山森1片山森2

お相手は愛媛大学のMさん、団体初戦の対局です
お相手の2手目8四歩から矢倉の出だしになったので最近マイブームの忍者銀を採用
左図は忍者銀の基本図と言っていいような形、ここから7九角から棒銀を狙う指し方や3筋の歩を交換して中央に2枚銀を持っていく指し方など幅が広い局面
本譜は▲5五歩△同歩▲同銀から一歩手持ちにして攻めをちらつかせました
(例えば強引な手順だと▲5五同銀△4三金右▲1五銀△5四歩▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲4四銀△同金▲同角△3三銀打▲8三金など)
そこで相手は8筋の歩を交換して飛車を中央へ転換、飛車成を狙ってきて右図
ここで▲6六角△5八歩成▲同金△5四歩▲4六銀△3一玉▲5七歩となり飛車を捕まえて指しやすくなりました
3一玉のところでは6六飛や6四角などのほうが有力だったと思います
片山森3片山森4
こちらが攻め立てて左図
ここでは9一龍と香車を拾って良しでした、本譜は飛車を角のラインから外すために2筋の歩を好感して2六飛と浮きました
しかし実際は二枚銀が手厚くコビン攻めの心配もなかったので不要だったと思います(せいぜい歩をつき捨てるくらい)
右図では攻めを急ぐ必要もなく9一龍などで十分だったのに4一龍と負けたら敗着の手を指しました
本譜は相手が受け間違えてなんとか攻めがつながりました
片山森5
必死をかけて上図、ここで自玉に詰みがなく勝ちとなりました
一局を振り返ると中盤以降優勢を築けたのですが、終盤攻め急いで危なくなってしまいました
しっかりと安全勝ちできるようにならなくてはいけないと感じた一局でした

チームは5勝2敗で初戦勝利、幸先の良いスタートになりました
春中四レポの続きは不定期に更新していこうと思います ではでは ノシ

P.S 話は変わりますが、6月25日に岡山大学将棋部さんと交流戦を行うことになりました!
他大学、OBなどの方々も参加も大募集中なので興味のある方はこのブログのコメント欄か岡山大学将棋部さんに連絡してみてください

第95回中四国学生将棋大会 団体結果

お久しぶりですK山です
5月の3,4,5日に春中四が岡山で行われたのでその結果をお知らせします

岡理のオーダーは
K山
D居
I田
K澤
Y山
I上
OKT
右四狂
K田
N田
T長
教祖Y本 です(欠席者を除く) 2人1回生が入り昨年に比べ少し平均年齢が下がりました

一回戦 愛媛大学
K山 ○ - M
I田    - H川 ○
OKT ○ - N谷
右四狂 ○- A 
N田 ○ - M地
T長   - N元 ○
Y本 ○ - H田     5勝2敗で岡理勝ち

私はMさんと対局(漢字一文字の苗字の方なのでイニシャルのみ)
私が先手番で忍者銀を採用、相手の飛車を召し取り優勢を築き勝ち
チームも幸先の良いスタートが切れました

2回戦 岡山大学

K山  - S戸 ○
K澤  - F吉 ○
Y山  - M口 ○
I上   - T平 ○
OKT  - F井 ○
K田  - S木 ○
N田  - H仁 ○   0勝7敗で岡理負け

私はS戸君と対局
私が後手でダイレクト向かい飛車を採用、中盤相手のミスで優勢を築き必勝形に
しかし最終盤に頓死してしまい負け、反省してます
チームは全敗、育成メンバーを入れたにしてもふがいない成績です

3回戦 高知工科大学

K山 ○ - Y本(航) 
D居  - Y本(健) ○
I田    - N村 ○
OKT ○ - O村 
右四狂 -  M尾 ○
T長   -  K藤 ○
Y本 ○ - N園    3勝4敗で岡理負け

私はY本(航)さんと対局
相手の立石流に位取りで対抗、中盤形勢を損ね敗勢になるも相手のミスもあり混戦に
最後は敵の攻めを切らせて勝ち、しかしチームは敗れ2敗に後退してしまいました

4回戦 徳島大学

K山 ○ - I原
I田 ○  - T富
OKT ○ - S藤
K田    - O谷 ○
N田 ○ - S木
T長   - T谷 ○
Y本 ○ - K川    5勝2敗で岡理勝ち

私はI原さんと対局
相手の先手中飛車に一直線穴熊で対抗し相穴熊に
中盤自陣に馬を引いて指しやすくなり、最後は1手差で勝ち チームも2勝目を挙げました

5局目 広島大学

K山   - O平 ○
I田    - I居 ○
OKT ○ - S元
K田    - M本(晋) ○  
N田 ○ - H
T長 ○ - S戸川
Y本   - D達 ○   3勝4敗で岡理負け

私はO平さんと対局
私が先手番で忍者銀を採用、中盤から中央勝負となるも相手の手厚い差し回しに苦戦
そのまま最後まで何もできず完敗、4回生3人が戦犯となりチームも負け
5局目に勝利していれば準優勝となり西日本大会の出場権を得ることができただけに悔しい敗戦です


これで団体結果は以上になります
最終成績は4位(6チーム中)となりました
あと1勝が遠く勝ち切れなかった辺りに層の薄さを感じるところです
しかしN田君をはじめ後輩たちが着実に成長していることを知ることができ、秋に期待を向けたいところです
個人戦に関しては各自部員達がブログに書いてくれることを信じてます
それでは ノシ

P.S 私自身の団体戦と個人戦の自戦記は後々書いていきたいと思います
   

新入生の皆様へお詫び

どうもK山です
先日私が書いた記事、新入生の方への返信コメントについて訂正とお詫びを致します

4月4日(月)に参加する予定だったサークルオリエンテーションについて、
当部員の不手際によりブースを設けることができなくなりました。
同じ理由で当日のチラシ配りもできなくなりました

参加を予定していた方々、申し訳ありません

4月11日から部活動は始まるので、気軽に部室に遊びに来てください(=゚ω゚)ノ
また質問・聞きたいことなどあれば、コメント欄に記入してください(遅からず返信します)
それでは皆さんとお会いできることを楽しみにしています♪(o・ω・)ノ))

P.S 初っ端からつまずいたけど、これから頑張ります!

クラブカップ一般の部 右四狂

どうも初めて書かせて頂きます。右四狂です。
3月20日にあったクラブカップに参加したので、その対局内容をざっくりと紹介したいと思います。

1回戦 くるしばチームさん
相手の三間飛車に右四間飛車をしました。
仕掛けのタイミングを逃したうえに、中盤にうっかり大悪手を指してしまいました。
結果、玉頭に成り銀を作られ必敗形に・・・。
そこから入玉を試みるも駒損が激しく、フルボッコにされました。

2回戦 アマ女王不可避チームさん
相手の向かい飛車にドヤ顔で居飛車穴熊音無しの構えをしました。
序盤に右銀の上がる位置を間違えましたが、気にせずに駒組みを進めました。
中盤で「角成が受からない!?」と気付いた時には手遅れで普通に馬を作られましたw
しかし、一番厳しい手順ではなかったため助かりました。
その後、飛車角交換からの2枚飛車の攻めが速く大差で勝ちました。

3回戦 須磨将棋同好会チームさん
相手の角道を止める中飛車に右四間飛車をしました。
中盤互いに馬を作り、相手の飛車を銀と交換して声高らかに駒得を主張。
自陣の飛車は歩と馬で抑え込まれてニートでしたが、次に歩成りや飛車打ち等の攻めがあり優勢でした。
また、自陣は天守閣美濃に馬を引き付けた形で堅く「これは勝ったな」と思いました。(負けフラグ)
もちろん終盤に寄せをミスり形勢逆転。
その後、時間切れで負けました。
もし私が勝っていたらチームは2-1で勝てたので大変申し訳ないです。


私個人は、1勝2敗という微妙な結果でした。
今回の大会ではミスが多く、対局内容も酷いものでした。
そこで1日1回右四間飛車をしようと思います(使命感)
プロフィール

ousigoshougi

Author:ousigoshougi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。